どうして「はた生存」なんですか?

f:id:alternativeniikitai:20200902005503p:plain

 

 


突然だけど、こんなDMが僕のTwitterに来ていた。

 

そういえばツイートでも「『俺は生存してるぞ』っていう気持ちで名前変えた」としか言ってないし、この発言以降にフォローしてくれた人からしたら、不思議に思うこともあるかなと思った。まぁ他の人が知りたいかどうかは別として、理由くらい書き残してもいいのかなと思ったので、もし少しでも興味があったら読んでみてください。

 

 

 

実は『はた生存』っていうのは、グループ名だったんですよ。

 

 

 

大学の頃、あまり友達のいなかった僕でしたが、それでも数人くらいは居たわけで。そのおかげで試験の過去問とか手に入ってたし、社会に出るという大人への門をくぐる前の4年間はそいつらと一緒にキャンパスライフやってたんですよね。

 

まぁとはいっても卒業してからはそいつらとも疎遠になって、僕は僕で就職もせずにバイトしてたんで、しっかりと就活で内定貰って正社員になった彼らに合わす顔もなく連絡も出来なかったんですよ。なんか恥ずかしくってね。会社の話とかされたら、どう対応したらいいかとか分かんないじゃん。

 

そんな彼らも僕に気を使ってかどうかは知らないけど、とりあえず誰とも連絡取り合ってなかったんですよ。4年間色々やったけど結局大学の友だちなんてそんなもんかなー、とか思いながらも時は過ぎ、気付けばアラサーまで歳を重ねてしまっていました。

 

 

 

そんな僕も就職をして。

 

仕事も徐々にこなせるようになって。

 

でもなんか、「これでいいのかな」って。

 

 

 

確かにフリーターだった頃から比べれば、マシな人間に近づけたかもしれない。でも毎日同じ場所に行って、大体変わらない事をやって、それでも疲れてあとは家で寝るだけっていう生活であっという間に1年が過ぎていく。果たしてこれがマシな人間なのかって、まぁSNSあたり漁れば簡単に出て来そうなくらいありふれた理由で悶々としてたんですよ。

 

 

 

そんな時に、卒業から一切連絡を取ってなかった友人の一人が、メールくれて。

 

 

メールですよメール。ラインじゃなかったんですよ。まぁ「久しぶりじゃん!」とか初手のやりとり終わった後にラインは交換したんですけど、それから積もる話もあるから飲まないかって話して。じゃあ他の奴らも呼ぼうぜ、ってなって。

 

僕とメールくれた友達の予定はすぐ合ったんですけど、他の奴らがどうしても都合つかなかったり、ありがちな話、転勤でもういなかったりしてたんですよ。それで結局集まれたのが僕含めて3人。まぁ、5~6人でつるんでた中でも一番このメンバーでいることが多かったなって感じの3人だったんで、それで集まれるってなっただけでも嬉しかったんですよ。

 

 

 

で、当日。再会しまして。

 

 

 

1人はおっさん化が激しくて最初分かんなくて、話しかけられた時にびっくりしてそのあとすげー笑って、もう1人のメールくれた友人はもともと顔立ちが良かったのがそのままですぐ分かって、でもさらに大人の雰囲気を身に付けてすげぇカッコよくなってたんですよね。

 

まぁそんな中、僕は「全然変わらない」って言われたんですけど。

 

そしたらイケメンが「美味しいところ予約してる」って言うんすよ。お前どこまでイケメンなんだ、ここまで気が回るなんてさては出世してるな? とか言ってふざけながらっその店行って、まぁ雰囲気のある店ですよ。そこに入ってまずは一杯ね。再会に乾杯したわけなんです。

 

そしてお互いに近況報告してね。僕は就職したことを高らかに伝えて、おじさん化は結婚したとかで大変だとかで、案の定イケメンはまぁまぁの出世してたりでね。わいわい話してたらやっぱり思い出話に花咲いてくるんですよ。数年会ってなくて忘れてた思い出も、こう、やっぱ本人たちと会って話すとたくさん思い出しちゃうんですよ。教授のモノマネとかしだしたりね。そんで笑って。

 

 

 

あー久しぶりだなー、楽しいなぁって俺は思ってたんですけど、イケメンがね。急になんか黙っちゃったんですよ。

 

 

 

どうしたの急にって聞いたら、どうやらイケメンは仕事こそ順調なものの、こうやって笑ったのは久しぶりだ、なんて言い出すんですよ。聞けば最初こそ仕事を頑張って、それが認められていくことに達成感を得ていたけれど、徐々に「これでいいのか」って思えてきたと。仕事に必死に打ち込んだ数年だったけど、ここにきて迷いが生じてきたと。

 

思いのほか深刻に話し出すからね、俺もおじさん化も心配になってきちゃって。でもなんか重い空気にしたくないなって思って、茶化すように「YouTuberとかゲーム実況者とかって、楽しそうでいいよなー」とか間の抜けたことを言ってみたんです。

 

 

 

そしたら、おじさん化が、何を思ったのか「やってみね?」とか言い出して。

 

 

 

「いやー今更無理だろー」って言ったんですけど、おじさん化は「いや別にいいんだよ。それをやるって名目で遊ぼうぜ」ってさらに言い出すんですよ。おいお前結婚したんやろと。大変だとか言ってたやろがいって指摘したら、酔っぱらった勢いなのか何なのかすげー「大丈夫大丈夫!」ってごり押ししてきて。

 

そしたらイケメンも、最初こそ渋ってたものの、後々好きなゲーム配信者の話とかすげーしだしたんです。おいおいコイツもしかしたら満更でもなかったのか、とか思ったけど僕も知ってるゲーム配信者だったんでちょっと盛り上がっちゃって。

 

 

 

で。

 

やるか、って話になって。

 

 

 

そこで僕のTwitterの名前が「はた」、イケメンの名前の一部を取って「生」、おじさん化はギターのエフェクターのmetal zoneが好きで、SNSとかのIDに絶対それ入れてたんです。その「zone」を「生」とくっつけたら「生ゾーン」で「生存」じゃん、って話になって、じゃあ「はた生存」だねって。

 

酔っぱらってたから許してくださいよ。一応言ったんすよ、「俺だけなんか生身じゃね?二人はトランスフォーマーで成り立ってるけど俺だけ生身だし、何なら俺が生きてる、ってただ言われてるみたいじゃん」って。でもなんかそれがいいってごり押しされて。お前ら酔いが醒めてから後悔すんなよって言ってこれになりました。

 

 

 

それから後日。僕も僕でなんだかんだノリ気になっちゃってて、善は急げでゲーミングパソコンを買っちゃったんですよね。これがあればゲームもできるし何なら取った動画編集できるぜ!って自慢しようと思って。二人よりも時間があるであろう僕がそれを担ってやるぜ!みたいな。

 

1カ月くらいその準備で二人と色々とやりとりしてたんですけど、僕はパソコン買ったことずっと黙ってて、次会う時にサプライズっで言おうと思ったんですよね。こういうのって僕、黙ってるのすごい苦手なんですけど頑張ってたんですよ。驚かせたいから。

 

 

 

で、1カ月経ったある日。

 

イケメンが「転勤する」って言いだして。

 

 

 

「はた生存」出来ない。ホントごめんって言われて、異動先では仕事も大変になるからオンラインでゲームってのも厳しそうらしくて。そんなイケメンに続いておじさん化も「実は嫁にライン見られてやめろって言われてる」ってカミングアウトして来たんですよ。

 

 

 

えっ、いや、俺。パソコン買ったんだけど。

 

20万円したんだけど。

 

 

 

でもね、僕言えなかったんですよ。前の僕だったら「ふざけんな」って言ってキレてると思うんですけど、そういう自分の感情押し付けて人間関係たくさん失敗してきてたし、こうやってしっかり謝ってくれてるのに対して、そんな返し方をするともう二度と会えなくなるってこと、痛いほど知らされてきたんで。

 

だからね。「わかった」って言って。「じゃあ『はた生存』って名前だけ貰っておくね」って、せめてもの思いでそれだけ残そうと思ったんですよ。数年ぶりに会って、酔っぱらったノリで始めかけたことで、形にはならなかったけど久しぶりにワクワクしたから、それだけでも楽しかったかなって。思い出としてね。

 

 

 

ということで、「はた生存」というのは、いや「生存」という2文字は2人の友人のことです。コロナ過を期に配信を始めてみて、そこで何となく「3人だったらどんな挨拶したかなー」とふと思い立ち、「はたです・生です・存です。3人で『はた生存』です」っていう何の工夫もない挨拶しか思いつかなかったので、それを「~~。一人で『

はた生存』です。」って言ってみてます。

 

もしお暇なときあれば、覗きに来てみてください。

 

 

 

 

 

まぁ、この話、

 

 

 

全部ウソなんですけどね。

 

 

 

おじさん化って呼称、流石に自分で何書いてんだって思ったわ。

 

 

 

 

 

「これはもう一石二鳥すぎてヤバイ。」:フォトラトのペグ、ロック式に換装②終

前回の記事の最後に、僕はこんな言葉を残しました。

 

 

 

ということで今日はこの辺りで。近いうちに必ずや会いましょう。

 

生存でした!

 

 

 

 

さてここで誰かに問いたい。

 

一カ月弱は「近いうち」に入るのか? と。

 

 

 

 

 

僕は余裕で入ると思うね!!!

 

 

 

 

 

ということで、こんばんわんばんこ。はた生存です。

 

実はこのネタ、1記事で終わらそうと思ってたのに、ダラダラ書いてたらペグ買った!で終わってましたね。これはもう、僕がブログで尺稼ぐの好きすぎるのがいけませんね。ほらごらんなさい。まさしく今も尺稼いでますよ。付き合ってくれてありがとなぁッ!!!

 

そんな前回の記事はこちらです。

 

alternativeniikitaihyper.hatenadiary.jp

 

ということで続き書いていくんですけども。

 

購入したロックペグを付けるということは、もちろん今フォトラトついているペグを外さなければなりません。ここで僕の悪いところなんですけど、「だいたいこういうのって、付けるのよりも外す方が簡単でしょ」と甘い考えでから始めてしまう癖があるんですよね。それで招いたのがジャガーのヘッドを凹ます事態。

 

 

 

結果から言おう。

 

 

 

簡単でしたわ。

 

 

 

f:id:alternativeniikitai:20200704132207j:plain

 

 

 

はいこちらがフォトラトのヘッド。このペグの台座みたいになってるナットを一つずつ外し、さらに裏側に止まってるネジをプラスドライバーでくるくるーっと外していけば簡単に取れました。

 

安ギターってこういうところ簡単なヤツ使ってくれるのいいですよね。だから改造欲みたいなのくすぐられる人がいるんじゃないかと考察します。僕が人狼だったらこの考察で自分の首閉まるので、村で見てもらいたいです。

 

ということで、付けるときはその逆をやればいいわけです。早速やっていきま…

 

 

 

f:id:alternativeniikitai:20200704133221j:plain

 

 

 

うわかっけぇ!

 

 

 

ちょっと綺麗に撮れなかったんですけど、見えますかね? ペグのメーカーの「GOTOH」の文字がちゃんと入ってるの。しかもなんか、シンプルな高級感のある腕時計みたいな見た目してませんかこれ。

 

別にギターを正面から見たら隠れちゃうところなんですけど、裏返したら見えるっていうこのさりげなさ。やっぱ男はこういう気付ける人にしか分からないシャレオツさってのに惹かれますよね、ああ^~いいっすねぇ^~

 

そんな感じでペグのカッコ良さに数分「ニチャア」ってたんですけど、ちょっとした問題がここで発覚します。実はその問題、先ほどの画像にバッチリ写ってるんですよね。…え? 自力で見つけ出したいって? しょうがないなぁー。じゃあシンキングタイムをあげましょう。はいスタート! はい終わり!

 

 

 

答えはですね、「旧ペグのネジ止めの位置と新ペグのネジ止めの位置がわずかに違う」でした! 当たりましたか? 正解したあなた! おめでとうございます! 景品は特にありません!!!

 

 

 

新しいペグを付ける時に旧ペグを一つ付けっぱなしにして、それを基準にして新ペグを付けていけば変に傾きを出さずにつけられるな、と神がかったやり方に気付いてしまったまでは良かったんですが、合わせてみると旧ペグのネジで開いた穴が真ペグの穴とあってないのが分かりますね。

 

逆にこの穴にペグを合わせてしまうと、ペグがお辞儀したように付いてしまうことになります。マジ回しづらい。さすがにそんなことはしないけど、そのまま新しい穴を作って付けてしまうと、古い穴がそのまま見えてしまうことになるんですよね。

 

ここで僕は困りました。せっかくカッコいいペグを付けるのに、穴が見えてしまうなんてマヌケなことをしてしまっていいのか… いっか、別に。

 

これを気にする人は、竹串なり爪楊枝なりを使って埋めるらしいんですけど、まぁ使いまくってるギターで、最近ピックガードの塗装とかも落ちてきてるんで、そこまでこだわることも無いかと思いました。使用に問題なければヨシっ! ってことにします。

 

 

 

ということで穴は埋めずに、新しい穴を開けていきます。

 

 

 

f:id:alternativeniikitai:20200704135331j:plain

 

一応その工程の写真撮ってたので載せときましょう。先ほどの写真のように新ペグを傾かないよう合わせたら、ネジ止めの穴のところに印をつけます。印が付けばペンでも何でもいいですが、僕はキリで小さい穴付けといた方が早いと思ってるのでそうしてます。合わせたペグを一度外して、付けた印を再度キリでグリグリして拡大。

 

 

 

f:id:alternativeniikitai:20200704135348j:plain


そして2㎜のドリルで多少掘っておくと、ネジ止めがスムーズになります。掘らずにネジ止めでやっても出来なくはないけど、土台が多少盛り上がっちゃったりしたら嫌だなと思いこっちの作業は丁寧にやってみました。

 

画像ではもう最後のペグを付ける過程で説明してましたが、これを6個分繰り返します。そして出来上がったのがこちら。

 

 

 

f:id:alternativeniikitai:20200809013614j:plain

 

 

 

ペグ交換、終了。

 

 

 

めーちゃんこキレイですね。あとこっちのペグは元のペグと比べて重厚感があっていい。ヘッドがグロス仕上げだったらより様になってたかもなぁと思いましたが、そうでなくてもいい表情してやがるぜ、コイツ。

 

「付け方は外し方と同じ」と言いましたが、ロックペグは最後にカバー的なものを被せ、それを回して付ける感じです。ここに弦を通してペグを回すと、中の突起とカバーで弦を強く挟んで固定されるようになってます。

 

あとこのカバーは「1・2・3弦用」と「4・5・6弦用」の2種類あって、弦を通す穴の大きさが違います。最初それに気付かなくて、6弦のペグに1・2・3弦用のカバー付けちゃって弦通らなくて焦る、なんて失敗してました。それに弦固定の仕方もよく分かってなくて、それも焦ってました。速攻でググりましたけどね。まぁペグ回せば良かっただけなんですけど。

 

 

 

さてロックペグにしてみた感想なんですが、チューニングはほぼ狂っておりません。実は僕、家で弾いてる時はあまりチューニングしないっていうダメダメ怠惰マンなんですが、それでも前のペグでは頻繁に「あ、これ下がってるな」ってなってたのが今のところないですね。安定感は抜群に感じます。

 

それ以上にすごい良かったのが、なんと弾き心地が格段に良くなったんですよ。もしかしたら安ギターの話をする時に何回も言ってるかもだけど、安ギターって特有の「弾きづらさ」があるじゃないですか。弦が針金っぽい感触って僕は思ってるんですけど、それが大分軽減されたんですよね。この話をキャスでリスナーさんにしたら、「ペグで止まってる弦の高さが変わってテンションが緩くなったのではないか」って言ってました。検証はしてないですけど、その可能性は十二分にあると思います。

 

 

 

ということで、見た目はいいし使い心地も良くなるという大満足の結果で終わりました。もう買った安ギターは全部このロックペグにしたいですね。

 

ただギターの購入額よりペグの方が高いというジレンマ発生するんで、これ選ばれた安ギターにしかしないと思います!

 

 

 

これにてフォトラトの改造はしばらくお休み…

 

 

 

f:id:alternativeniikitai:20200809021433j:plain

 

 

 

…じゃないかもしれません。

 

 

 

長くなりましたが読んでくれてありがとうございました!生存でした!